HOME » 住宅ローンが払えない時は任意売却を検討せよ » 不動産は任意売却後いつまで住める?  

不動産は任意売却後いつまで住める?  

不動産の任意売却も行った場合、これまで住んでいたマイホームは自分のものではなくなります。そこで気になるのが、任意売却をした不動産にいつまで住めるのか?という問題です。

任意売却した不動産に住める期間

任意売却を申し出たからといって必ずしもすぐに出ていかなければならないわけではありません。具体的な退去日については売主と買主が話し合いをし、お互いに納得のいく日を検討していく形になります。 つまり、買主の方が「うちはいつでもいいのでどれだけでもお待ちします」といってくれれば、何ヶ月でも住み続けることは可能なのです。

ただ、こういったケースはまずないといえるでしょう。買主側としてもできるだけ早く出て行って欲しいというのが本音です。 任意売却をお願いする場合、急いで引っ越しの予定について考え、具体的な期間を提示できれば買主側も検討しやすくなります。例えば、「○月中には引っ越しの準備が完了して家を出て行けるので、それまで待って欲しい」といった交渉することは不可能ではありません。

引き渡しまでの期間は短い方が良い

任意売却をする側からすれば、できるだけ長くとどまりたいと思っていますよね。しかし、任意売却をする場合は債権者側にそれを認めてもらう必要があります。ここで引っ越しの時期が全く不明だったり、かなり先の引き渡し期間を提示してしまった場合、任意売却自体が認められなくなってしまう可能性もあるのです。

このような事態になってしまっては大変なので、できるだけ早く引き渡しをすることを心がけましょう。それでも必要以上に急いで準備をするのは大変なので、任意売却業者によく相談して具体的な時期について決めてみてください。 実力のある任意売却業者に依頼できれば、債権者との交渉をできるだけ有利に進めてくれるため、こちらの希望も通りやすくなるでしょう。

引っ越し費用がないから検討ができない…

任意売却を決めたものの、そもそも引っ越しするにしてもそのための費用がまかなえないから具体的にいつ引き渡しをするのか考えられない…と思っている方もいるかもしれません。

こういった方のために、自宅の売却代金から何十万円か引っ越し費用をもらえる可能性もあるのです。具体的にいくらの引っ越し費用がもらえるかは依頼する任意売却業者の腕によって違ってきますが、それも頭に入れながら引っ越しの時期についてよく考えてみましょう。 引き渡しの時期がはっきり決められなかったとしても、できるだけ早めに準備を済ませておくのが理想的です。

一般的にはいつまで住める?

具体的な時期については話し合いによって変わってくるのですが、一般的には任意売却が完了するまでの3ヶ月~半年くらいは住み続けることができます。 今日明日にすぐ出ていかなければならないようなものではないので、この点は安心できますね。ただ、引っ越しはまだまだ先だから…と準備を後回ししてしまうといざ引っ越しする際に準備が終わっておらず、トラブルに繋がってしまうようなケースもあります。 こういったことがないようにスケジュールを考えておきましょう。

一般的な引っ越しとは違い、任意売却を伴う引っ越しでは債務整理をすることになるため、様々な手続きも必要ですし、そろえなければならない書類もあります。こういったことを考えると自分で思っている以上に時間が必要になるケースもあるため、空き時間を見つけて少しずつ準備を進めておきましょう。

具体的にいつまで住めるかはケースによって異なるため、直接任意売却の業者に確認してみるのがわかりやすいです。こちらの希望が通る場合もありますし、通らない場合もあります。 いずれにしてもなるべく負担がないように提案をしてもらえるので相談してみましょう。

不動産を任意売却する場合の立ち退きはどうなる?

不動産を任意売却することになればその住宅を手放さなければなりません。そこで気になるのが立ち退きに関する問題ですよね。任意売却の手続きを始めたらすぐに立ち退かなければならないのかな…と不安に思っている方もいるかもしれませんが、立ち退きに関して詳しくご紹介します。

不動産を任意売却する場合の立ち退き事情

任意売却するということはローンの返済が追いつかなくなってしまい、金銭的に厳しい状況ですよね。そのため、任意売却をするからといってすぐに引越しはできないと感じている方もいるはず。

しかし、ローンが支払えなくなって立ち退きをすることになった不動産にいつまでも住めるわけではありません。ただ、競売よりも立ち退きに関する条件はゆるやかだといえるでしょう。

というのも、競売の場合は入札によって買主の方が決まるとその方の都合が重視されるのです。すぐにでも退去を求められる可能性も少なくありません。引越しの準備ができていないなどの事情はこちらの事情になるため、認められないのです。

下手をすると一文なしの状態で家を出る可能性も…。任意売却であればある程度調整ができます。

不動産の任意売却で立ち退き料はもらえる?

任意売却をする大きなメリットともいえるのが立ち退き料がもらえる点です。これを引越し代として活用する方も多いでしょう。

しかし、立ち退き料はあくまで交渉の上でもらうものであるため、任意売却をすれば絶対に立ち退き料がもらえるわけではありません。債権者側の好意だと思っておきましょう。立ち退き料というよりも引越し代という名目で用意してもらえるものとなります。

以前は立ち退き料として引越し費用を負担してくれる債権者が多かったのですが、債権者が受け取る配当が少ない場合、拒否される可能性もあるのです。また、任意売却をどのような業者に依頼するのかが重要になってきます。交渉が下手な業者に当たってしまうと立ち退き料がもらえない可能性もあるので十分に注意しておきたいですね。

また、具体的にいくらの立ち退き料がもらえるのかはケースによって異なります。一般的には多くても30万円前後だと思っておきましょう。この費用は任意売却を行った場合にもらえるものであり、競売にかけられることになってしまった場合にはもらえません。

新しい生活をスタートさせるためにも競売ではなく、任意売却で不動産を手放せるように準備をしましょう。

不動産を任意売却する際の立ち退き期限

任意売却といっても残債が残っている不動産を手放すという点以外は一般的な不動産売買と変わりありません。そのため、買主の方と調整が付けば立ち退き期限についても交渉ができるのです。

極端な言い方をすれば、買主の方が退去を急がない場合、数ヶ月間でも居座れるわけですね。ただ、親族や知り合いが任意売却に出した家を買ってくれたのであれば別ですが、無期限で住んでいていいよといってくれる買主はいないでしょう。

交渉の方法としては、「できるだけ急いで引越しの準備をするので、○月いっぱいまで住まわせて欲しい」といったものになるケースが多いです。

気を付けなければならないのが、任意売却は不動産を売却したお金を債権者に渡さなければなりません。あまりにもだらだらと取引を行うと任意売却自体が許可されてしまう可能性もあるのです。

競売に比べるとある程度自分の希望が通りやすいのは間違いありませんが、任意売却で不動産を手放したからといって何ヶ月かも住み続けられるわけではありません。任意売却を成功させるためにも信頼できる専門業者に依頼し、スムーズな住み替えを心がけましょう。

PICKUP

不動産の任意売却で頼れる専門家たち!

売却スピードの早さなら

「不動産会社」

不動産売買のプロだけに、スピーディーな売却が可能。さらにリースバックなど債務者にも優しいサービスが特徴。

おすすめ不動産会社

株式会社リアル

株式会社リアル_キャプチャ画像

おすすめの理由

競売の専門家で、任意売却の実績が豊富。債権者との折衝も非常に得意で、早急な売却・整理が可能。

公式HPを見る▶

係争になった時に頼れる

「司法書士」

自己破産も含めた債務整理の相談が可能。住宅ローン以外にも、多重債務で困っている人におすすめ。

おすすめ司法書士

司法書士法人ジェネシス

ジェネシス司法書士法人_キャプチャ画像

おすすめの理由

任意売却・債務整理時の係争を得意としており、これまで数多くの事例を取り扱っています。

公式HPを見る▶

全国各地に対応

「社団法人」

任意売却の相談員などが在籍し、親身なサービスが魅力。全国展開するところも多く、依頼しやすいのも魅力です。

おすすめ社団法人

全日本任意売却支援協会

全日本任意売却支援協会_キャプチャ画像

おすすめの理由

全国38エリアに相談窓口があり、任意売却社団法人の先駆け的存在。相談員が100名以上在籍する大手です。

公式HPを見る▶
不動産の任意売却オススメ業者3選
住宅ローンが払えない
時は任意売却を検討せよ
【首都圏版】不動産の任意売却業者リスト
任意売却の成功事例を紹介
任意売却Q&A

page top