HOME » 住宅ローンが払えない時は任意売却を検討せよ » 残債のある不動産の任意売却   

残債のある不動産の任意売却   

念願のマイホームを購入したものの、途中でどうしても住宅ローンが支払えない状態になってしまった…といった際に検討したい任意売却と残債の問題についてご紹介します。

不動産の任意売却

任意売却といえば、任意に不動産を売却することを言うのですが、まだローンが残っている状態で売却を検討している方も少なくありません。 しかし、ここで考えておかなければならないのが、任意売却をした後に残ったローン、つまり残債に関することです。

例えば、3,000万円のローンが残っている不動産を売却しようと思って査定してもらったところ、2,000万円にしかならなかった…というようなケースもあるでしょう。ローンが残っている状態では不動産を売却することはできないため、差額の1,000万円を用意しなければなりません。

しかし、不動産の任意売却を検討している方は返済が困難になってしまったために売却を検討しているわけなので、現金で差額を用意できるケースはほとんどないといえるでしょう。 ここで、気になるのが残債の扱いに関することです。

残債は帳消しにはならない

不動産の任意売却を行って残債がある場合、それが帳消しになるようなことはありません。しかし、任意売却前と同じように継続して返済していくことが困難な方も多いはず。

そこで、ほとんどのケースでは無理なく返済ができるように調整した上で引き続き返済を行っていく形になるのです。 任意売却はローンが残っていても引き続きローン返済を行うことで不動産を売却できる方法と思われがちですが、正しくはそうではありません。 一度保証会社や債権回収会社にローンを立て替えて支払いをしてもらい、今度は立て替えてくれた業者に対して引き続き返済を行う形になるのです。 では、具体的に残債はどのような方法で返済していくことになるのでしょうか。

返済できる範囲内で引き続き返していく

これまでに月に10万円の住宅ローンを支払っていて、それが難しくなってしまったために不動産の任意売却をしたとしましょう。任意売却後に残債を引き続き10万円ずつ支払っていく事は非常に難しいですよね。

これは立て替えてくれている保証会社も十分に理解してくれています。そのため、引き続き10万円ずつ返済するように求められるようなことはありません。 これは具体的にどのような話し合いが行われるのかによって金額は変わるものの、月に1~2万円といった無理のない範囲での返済を認めてもらえるケースが多いのです。

債務を圧縮してもらうことも可能ではある

また、話し合いによっては債務を圧縮してもらうことも不可能ではありません。つまり、1,000万円の残債があるものの、700万円に圧縮しましょう…といった提案がされることもあるのです。 保証会社から見て一番問題なのは返済してもらえなくなることにあります。どうしても返済が困難だと感じた場合には自己破産などの選択肢も用意されているわけですが、自己破産されると困るため、何とかして無理のない返済ができるように一緒に計画を整えてくれるのです。

もちろん、借金の圧縮は保証会社の判断によって異なるため、全く受けられないケースも少なくありません。完全に自分の希望通りの返済が選択できるとは限らないのでこのあたりは注意しておきましょう。 具体的にどれくらい減額してもらえるのかなどは実際に話し合いをしてみなければわからないところも大きいのですが、話し合いをする際には収入やその他の借金、現在の家庭状況など一切嘘をつかずに伝えるようにしてくださいね。嘘をついていることが知られてしまうと一気に信用を失う結果になってしまいます。

これが原因で本来であれば減額してもらえたはずの残債が減らないような可能性もあるため、誠意をもって話し合いに取り組むことが重要です。

PICKUP

不動産の任意売却で頼れる専門家たち!

売却スピードの早さなら

「不動産会社」

不動産売買のプロだけに、スピーディーな売却が可能。さらにリースバックなど債務者にも優しいサービスが特徴。

おすすめ不動産会社

株式会社リアル

株式会社リアル_キャプチャ画像

おすすめの理由

競売の専門家で、任意売却の実績が豊富。債権者との折衝も非常に得意で、早急な売却・整理が可能。

公式HPを見る▶

係争になった時に頼れる

「司法書士」

自己破産も含めた債務整理の相談が可能。住宅ローン以外にも、多重債務で困っている人におすすめ。

おすすめ司法書士

司法書士法人ジェネシス

ジェネシス司法書士法人_キャプチャ画像

おすすめの理由

任意売却・債務整理時の係争を得意としており、これまで数多くの事例を取り扱っています。

公式HPを見る▶

全国各地に対応

「社団法人」

任意売却の相談員などが在籍し、親身なサービスが魅力。全国展開するところも多く、依頼しやすいのも魅力です。

おすすめ社団法人

全日本任意売却支援協会

全日本任意売却支援協会_キャプチャ画像

おすすめの理由

全国38エリアに相談窓口があり、任意売却社団法人の先駆け的存在。相談員が100名以上在籍する大手です。

公式HPを見る▶
不動産の任意売却オススメ業者3選
住宅ローンが払えない
時は任意売却を検討せよ
【首都圏版】不動産の任意売却業者リスト
任意売却の成功事例を紹介
任意売却Q&A

page top