HOME » 住宅ローンが払えない時は任意売却を検討せよ » 任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリット・デメリット

このページでは、競売と任意売却の違いをリサーチしながら、任意売却のメリット・デメリットをまとめています。

任意売却のメリット・デメリット、そして競売との違い

住宅ローンを滞納しているだけでなく、「これ以上返済していくことがむずかしい」と判断したら、すぐ任意売却を検討すべき。迷っている間に債権者が裁判所に申し立て、自宅は競売にかけられてしまいます。任意売却のメリットを、競売と比較しながら以下に紹介しますので、要チェック。

  任意売却 競売
価格 市場価格に近い値段で売却できる。 市場価格よりも2~3割程度低い値段で落札される。
プライバシー 一般の不動産売買と何ら変わらず、単なる引越しとみなされる。 複数の関係者が現場に訪れる。またチラシを配布されたり、新聞やサイトに競売物件として情報掲載されたりすることになる。
残債の支払い 任意売却サポート業者の交渉力次第で、無理のない返済月額が設定してもらえる。 一括返済を迫られる。
引越し費用 売却金額から引越し費用が工面される場合もあり。引渡し時期も相談に乗ってもらえる。 自費。強制退去の場合もある。

任意売却なら競売より有利な条件が数多く実現しますし、必要以上の精神的ダメージを被る心配もありません。

競売では裁判所が介入することになります。債務者の意思とは関係なく新聞や裁判所などで物件の資料が公開され、執行官が自宅調査などを行うため周囲に知られてしまうのです。

任意売却の場合は、買主探しや債権者との交渉も専門業者が間に入るので強制執行のようなことはなく、住み替えのイメージで進むのでプライバシーも保たれます。

どうせ不動産を手放すなら、任意売却の方がおすすめなのです。

任意売却にデメリットはないの?

このような疑問へは「メリットを得るための時間的制約がある」と回答すべきかもしれません。

  • 債権者や保証人から同意を得るのに難航する
  • 価格の折り合いが、なかなかつかない

任意売却中に上記の障害に引っかかり、いたずらに時間を浪費していると、タイムアウトで競売に移行してしまう、ということもありえるからです。

任意売却は決心したらすぐ行動!経験豊富な業者にサポートを依頼しましょう。

PICKUP

不動産の任意売却で頼れる専門家たち!

売却スピードの早さなら

「不動産会社」

不動産売買のプロだけに、スピーディーな売却が可能。さらにリースバックなど債務者にも優しいサービスが特徴。

おすすめ不動産会社

株式会社リアル

株式会社リアル_キャプチャ画像

おすすめの理由

競売の専門家で、任意売却の実績が豊富。債権者との折衝も非常に得意で、早急な売却・整理が可能。

公式HPを見る▶

係争になった時に頼れる

「司法書士」

自己破産も含めた債務整理の相談が可能。住宅ローン以外にも、多重債務で困っている人におすすめ。

おすすめ司法書士

司法書士法人ジェネシス

ジェネシス司法書士法人_キャプチャ画像

おすすめの理由

任意売却・債務整理時の係争を得意としており、これまで数多くの事例を取り扱っています。

公式HPを見る▶

全国各地に対応

「社団法人」

任意売却の相談員などが在籍し、親身なサービスが魅力。全国展開するところも多く、依頼しやすいのも魅力です。

おすすめ社団法人

全日本任意売却支援協会

全日本任意売却支援協会_キャプチャ画像

おすすめの理由

全国38エリアに相談窓口があり、任意売却社団法人の先駆け的存在。相談員が100名以上在籍する大手です。

公式HPを見る▶
不動産の任意売却オススメ業者3選
住宅ローンが払えない
時は任意売却を検討せよ
【首都圏版】不動産の任意売却業者リスト
任意売却の成功事例を紹介
任意売却Q&A

page top