HOME » 住宅ローンが払えない時は任意売却を検討せよ » リースバックとは

リースバックとは

このページでは任意売却の発展型と言われるリースバックの概要やメリットについて解説しています。

リースバックとはどのような取引なのか

リースバック(セル&リースバック)とは投資家やリース会社などの第三者に不動産を売却して、その買主と賃貸借契約を結び賃料を支払うことで、そのまま使用を継続する手続きのことを言います。

通常の任意売却の場合は、自宅などの不動産を売った後には退去しなければなりません。そのためには次の住居を探したり、引越しもするため時間と費用がかかります。

住宅ローンの返済が困難になってやむを得ず任意売却をするケースでは、できればずっと住み続けたい、子供を転校させたくないと考えるのは当然のことでしょう。

そうした希望を実現するための有効な手段として任意売却とリースバックを組み合わせるケースが増えており、これまでの任意売却の発展型として注目されているのです。

但し、任意売却+リースバックは取引形態が複雑になり、買主の任意売却への理解も必要になるので信頼できる相手を見つけることが必須です。それさえクリアすれば非常にメリットの多い不動産取引と言えるでしょう。

こんなメリットがある!リースバック

リースバックは企業の資産圧縮などでも利用されますが、ここでは個人の任意売却とリースバックを組み合わせた場合に絞ってメリットを整理しました。

◇引越しをする必要がなくなる

不動産売却後も引越しをすることなく、そのまま住み続けることができますので、次に住む物件を探す手間も、引越しをするための費用もかかりません。また周囲にも家を売却したことを知られることはありません。

◇資金繰りが楽になる

不動産を売却することで、まとまった資金が入ってきます。そのため資金繰りが楽になり、生活資金や教育資金を確保することができます。また所有権移転により固定資産税もかからなくなります。

◇将来買い戻しも可能

一般売却では不動産を完全に手放すことになりますが、リースバックの場合は賃料を払いながら自宅として住み続けて、将来資金的に余裕ができた場合には優先的に買い戻すことも可能になります。

PICKUP

不動産の任意売却で頼れる専門家たち!

売却スピードの早さなら

「不動産会社」

不動産売買のプロだけに、スピーディーな売却が可能。さらにリースバックなど債務者にも優しいサービスが特徴。

おすすめ不動産会社

株式会社リアル

株式会社リアル_キャプチャ画像

おすすめの理由

競売の専門家で、任意売却の実績が豊富。債権者との折衝も非常に得意で、早急な売却・整理が可能。

公式HPを見る▶

係争になった時に頼れる

「司法書士」

自己破産も含めた債務整理の相談が可能。住宅ローン以外にも、多重債務で困っている人におすすめ。

おすすめ司法書士

司法書士法人ジェネシス

ジェネシス司法書士法人_キャプチャ画像

おすすめの理由

任意売却・債務整理時の係争を得意としており、これまで数多くの事例を取り扱っています。

公式HPを見る▶

全国各地に対応

「社団法人」

任意売却の相談員などが在籍し、親身なサービスが魅力。全国展開するところも多く、依頼しやすいのも魅力です。

おすすめ社団法人

全日本任意売却支援協会

全日本任意売却支援協会_キャプチャ画像

おすすめの理由

全国38エリアに相談窓口があり、任意売却社団法人の先駆け的存在。相談員が100名以上在籍する大手です。

公式HPを見る▶
不動産の任意売却オススメ業者3選
住宅ローンが払えない
時は任意売却を検討せよ
【首都圏版】不動産の任意売却業者リスト
任意売却の成功事例を紹介
任意売却Q&A

page top