HOME » 住宅ローンが払えない時は任意売却を検討せよ » 任意売却業者の選び方

任意売却業者の選び方

このページでは、任意売却サポート業者の選び方をリサーチしています。

任意売却業者選びのポイント

クローバー任意売却は、プロのサポート業者に依頼するのがベター。とは言え業者選びは、慎重に行う必要があります。有能な業者に依頼することで、売却金額などさまざまな結果に差が出てくるからです。即決は避け、複数の業者に相談することで、サービス特徴や担当者の雰囲気などを見極めるようにしましょう。

費用は明朗か

お金イメージ任意売却のサポート業者に依頼する費用面が心配、という方がいるかもしれません。しかし、その依頼料は「不動産売却の仲介手数料(成約価格の3%+6万円+消費税)」と、法律で定められています。不動産の売却金から支払われるので、依頼者の実質的な負担はありません。

しかし「引越し資金100万円を用意」などの甘い文句で誘いかけ、売却後に法外な手数料を請求する悪徳業者も、存在するようです。定められた仲介手数料以外の請求はないか、相談時にきちんと確認してください。

プラスアルファの条件を提示できるか

任意売却は、基本的に第三者への不動産売却なので、住み慣れた我が家を手放さなくてはならなくなります。しかし任意売却のサービスの中には、物件を買い取ったうえで賃貸契約に移行する、あるいは金融機関の紹介が難しいと言われる親族間売買を可能にしてくれる業者も存在しています。

より良い条件をあきらめないためにも、さまざまな業者に希望条件を相談してみましょう。

アフターサポート力もチェック

物件を売却した後は知らん顔、という業者はNG。

不動産売買の交渉中に、無理のない残債返済計画を提案してもらうのは最低条件ですが、その後の生活立て直しに必要な手続きについてもフォローはあるのか、さりげなく確認しておくと良いでしょう。

いかがでしょうか?上記のようなポイントをクリアできる業者は、経験も豊富なはずです。ホームページなどで過去の取引をチェックし、実績の少ない業者は避けるなどの下調べも、怠りなく行いましょう。

PICKUP

不動産の任意売却で頼れる専門家たち!

売却スピードの早さなら

「不動産会社」

不動産売買のプロだけに、スピーディーな売却が可能。さらにリースバックなど債務者にも優しいサービスが特徴。

おすすめ不動産会社

株式会社リアル

株式会社リアル_キャプチャ画像

おすすめの理由

競売の専門家で、任意売却の実績が豊富。債権者との折衝も非常に得意で、早急な売却・整理が可能。

公式HPを見る▶

係争になった時に頼れる

「司法書士」

自己破産も含めた債務整理の相談が可能。住宅ローン以外にも、多重債務で困っている人におすすめ。

おすすめ司法書士

司法書士法人ジェネシス

ジェネシス司法書士法人_キャプチャ画像

おすすめの理由

任意売却・債務整理時の係争を得意としており、これまで数多くの事例を取り扱っています。

公式HPを見る▶

全国各地に対応

「社団法人」

任意売却の相談員などが在籍し、親身なサービスが魅力。全国展開するところも多く、依頼しやすいのも魅力です。

おすすめ社団法人

全日本任意売却支援協会

全日本任意売却支援協会_キャプチャ画像

おすすめの理由

全国38エリアに相談窓口があり、任意売却社団法人の先駆け的存在。相談員が100名以上在籍する大手です。

公式HPを見る▶
不動産の任意売却オススメ業者3選
住宅ローンが払えない
時は任意売却を検討せよ
【首都圏版】不動産の任意売却業者リスト
任意売却の成功事例を紹介
任意売却Q&A

page top