HOME » 任意売却の成功事例を紹介

任意売却の成功事例を紹介

ここでは任意売却の代表的な事例とそれぞれの特徴について紹介しています。

このようなケースは任意売却で解決できる!

住宅ローンの返済が困難になるよくある事例と、その際に任意売却を選んだ場合の有効性について解説しています。

離婚が原因で住宅ローン滞納

離婚をした後に住宅ローンが返済できなくなると様々な問題が生じます。

離婚しても連帯保証人は外れないので、相手側が返済しているはずのローンが滞納になって突然請求が来たり、逆に自分が返済できず相手に迷惑をかけたりします。

相手に連絡しにくくても専門会社に相談して任意売却を行い、問題を先送りにしないことが重要です。

会社が倒産して住宅ローン滞納

勤務する会社が倒産すると収入がなくなり、再就職できても以前と同等レベルの給料がもらえるとは限らないため住宅ローンの返済計画が狂います。

そこで一括返済ができない場合は、やがて支払いは困難となり破綻してしまいます。滞納が続くような場合は任意売却をして返済額を減らし、賃貸住宅に引っ越せば再スタートできます。

親子間売買で競売を回避

任意売却をすると退去するのが原則ですが、競売を避けそのまま住み続けたいという場合は親子間売買というかたちで任意売却するのが有効です。

全くの第三者ではなく自分の子供が買主になるといった方法で転居を免れます。但し、金融機関で住宅ローンの審査が通りにくくなるので、実績のある専門会社に相談するのがよいでしょう。

段階金利で住宅ローンを滞納

ステップローンとも呼ばれ、一定の金利優遇期間が終了すると金利が上がる住宅ローンです。年収が上がることを前提にこのローンを組み、不況や病気などが理由で予定通りにならないと返済困難になります。

すでに返済計画が破綻してしまっているため、早めに任意売却をして残債を減らし、生活を含めた再構築を行えば解決します。

アパートローンの支払いを滞納

アパート経営がうまく行かずに月々のローン返済ができなくなるケースです。

初めは問題なく家賃収入があっても、時間の経過とともにアパートが老朽化。修繕費用がかかったり、入居者離れにより収益の悪化が起こったりします。

アパートに不動産価値があるうちに任意売却をすることで、一括返済したり負担額を軽減したりすることができます。

PICKUP

不動産の任意売却で頼れる専門家たち!

売却スピードの早さなら

「不動産会社」

不動産売買のプロだけに、スピーディーな売却が可能。さらにリースバックなど債務者にも優しいサービスが特徴。

おすすめ不動産会社

株式会社リアル

株式会社リアル_キャプチャ画像

おすすめの理由

競売の専門家で、任意売却の実績が豊富。債権者との折衝も非常に得意で、早急な売却・整理が可能。

公式HPを見る▶

係争になった時に頼れる

「司法書士」

自己破産も含めた債務整理の相談が可能。住宅ローン以外にも、多重債務で困っている人におすすめ。

おすすめ司法書士

司法書士法人ジェネシス

ジェネシス司法書士法人_キャプチャ画像

おすすめの理由

任意売却・債務整理時の係争を得意としており、これまで数多くの事例を取り扱っています。

公式HPを見る▶

全国各地に対応

「社団法人」

任意売却の相談員などが在籍し、親身なサービスが魅力。全国展開するところも多く、依頼しやすいのも魅力です。

おすすめ社団法人

全日本任意売却支援協会

全日本任意売却支援協会_キャプチャ画像

おすすめの理由

全国38エリアに相談窓口があり、任意売却社団法人の先駆け的存在。相談員が100名以上在籍する大手です。

公式HPを見る▶
不動産の任意売却オススメ業者3選
住宅ローンが払えない
時は任意売却を検討せよ
【首都圏版】不動産の任意売却業者リスト
任意売却の成功事例を紹介
任意売却Q&A

page top